海外就職はどのように進めて行けばいいの?

時代の流れの共に、日本でも英語を必要する場面が多くなりました。海外から日本に入ってきている企業への就職の道も、ひと昔に比べると容易になったと言えます。

海外企業が欲しがる人物像を見極めよう

海外の企業に就職をしたいと考え、日々から英語の勉強に時間を費やしている人も多いと思います。まず海外の企業に入るためには、流暢な英語が話せなければいけません。これは海外で活躍するための最低条件だと言えます。

また日本の企業と海外の企業では、大きく違う点があります。日本の場合は高学歴であれば、面接を受けられる企業はたくさん存在します。個人の能力ではなく、学歴というとものでしか判断しない企業が多いのが特徴です。

一方海外の企業は個人の能力を重視し、会社にとってどれだけの利益を生み出してくれる人材なのかという点に注目しています。例えば高学歴で基礎的なことはできるが応用ができない人材と、低学歴ではあるが色々なスキルを駆使し様々な状況に対応できる人材。会社にとってどちらの人材の方が利益を上げられるか、答えを言うまでもありません。

特化したスキルを武器にしよう

自分がどのような企業に入りたいのか、まずはそれを明確にする必要があります。IT関係の企業に入りたい場合は、様々な資格が必要になることが多くあります。しかし資格がなくても、資格保持者以上のスキルを持っている場合は話は別です。

面接を受けたい企業が欲しているスキル以上の持っていれば、海外企業の場合は目の色を変えて獲得しようとします。それは会社にとって大きな利益を生み出す人材であり、資格取得は入社した後に取らせればいい話だからです。

会社が専門の資格を欲しているのではなく、資格に相当するスキルを使いこなせる人材を欲しているんです。このことに気づかなければ海外での成功はおろか、海外企業に入ることができないと言っても過言ではありません。

自分の将来のビジョンをしっかり描こう

海外の企業では将来のビジョンをしっかり描き、それを達成するために積極的に行動ができる人材を求めます。この流れは海外独特の流れとも言え、この流れに乗ることができれば自分の状況を180度変えることもできます。

頭で想像したことを想像で終わらせるのではなく、形や結果にして残せるように行動ができる心構えを持つことが必要です。す世界を牽引する大手企業の多くは、本社を海外においています。世界を牽引できるだけの業績を上げられているのは、頭で描いたことを確実に形や結果で示すことができる人材が集まっている空です。

この中で勝ち続け自分の存在価値を見出していき、生き残っていかなければいけない世界だということを忘れてはいけません。確実に前に進み、海外での就職を勝ち取るためにも日々考え行動することが大切です。

まとめ

grea海外の企業に就職をするために必要なスキルは語学力と行動力、さらに発想力の三つが最低限必要になってきます。日本と違い海外の教育方針は、自分で答えを導き出させる方法を取っています。

例えば足し算の計算の場合、答えが10になるように式を作らさせたりします。これはどのような組み合わをすれば、求められている答えになるのかということを考えさせるためです。

決められた式に当てはめるのではなく、自由に発想して求められている答えにする。これは日本の教育では考えられないことで、枠にとらわれた考えを持たせないようにする目的があると言っても過言ではありません。

このような教育を小さい頃から受けることで、豊かな発想力が身についていきます。このような教育を受けている人材にも匹敵する発想力が海外では求められます。自分にしか生み出すことのできない、発想力を身につけることを優先的に行うことが必要です。

新着情報

◆2016/11/16
海外就職はどのように進めて行けばいいの?の情報を更新しました。
◆2016/11/16
小さな目標を確実にクリアしようの情報を更新しました。
◆2016/11/16
時代の流れを先読みしようの情報を更新しました。
◆2016/11/16
異文化を勉強をしようの情報を更新しました。
◆2016/11/16
当サイト更新担当者の情報を更新しました。